うつ病チェックを医療サイトで把握!質問に答えて症状の度合いを確認

症状の特徴を正確に把握

看護師

うつ病特有の症状をチェックして適切な対処を行なう

うつ病が生じるメカニズムについては、多くの要因で発症するストレスが原因だと別ページで確認できました。こちらのページでは、うつ病の症状について、どのような特徴があるのかをチェックしていきましょう。もし、自身か家族の誰かに身内の誰かがうつ病にかかってしまった際にどのような対処をすればいいのかをすぐに理解できます。うつ病の特有症状に対して、どのような対処をするかを把握するためにこちらのページでじっくりと症状の特徴を見てみましょう。

不安に陥って目の前のことに集中できない

うつ病の症状では、不安障害が存在します。不安障害とは、心の中で多彩なシミュレーションをしてしまい、何かしらの不安に陥りやすくなる傾向になる症状です。例えば、仕事で外出する際に、しばらくして家の鍵をかけたかどうか不安になって戻ってきてしまうといったのも、うつ病の不安障害が引き起こす行動です。また、自宅に泥棒が入ったり、家が家事になったらどうしようという不安にかられて目の前のことに集中できない場合もあります。

呼吸器系の症状などに似ている為注意が必要

うつ病には、パニック障害という症状も存在します。パニック障害とは、手が突然震えてしまったり、心臓の鼓動が何故か高まってしまうものです。また発汗や体の発作も生じやすくなる傾向になるので、日常生活に支障をきたしやすくなるのは確かです。まるで、呼吸器系や循環器系の病気症状に似通っているように感じられます。しかし、似て非なる症状なので、呼吸器や循環器系の医療機関に行っても正常と診断されやすいです。急に、発汗や発作などの症状が確認できたら、出来るだけ心療内科や精神科の意思にうつ病かどうかチェックしてもらいましょう。