うつ病チェックを医療サイトで把握!質問に答えて症状の度合いを確認

不適切なことを熟知する

4人の医者

長期的な視線で治療を考える

うつ病を発症してしまったら、長期的な治療が必要となる病気です。そのため、根気良く心療内科や精神科での治療を受け続けていく必要があります。長い時間がかかる分、早く完治して社会復帰したいという気持ちも芽生えてしまいます。しかし、焦る必要はありません。うつ病は立ち直る気力もなくなるほどの症状とも言われているため、焦れば余計に悪化させてしまうものとなっています。ゆっくり着実に処方された薬を服用しながら、気持ちを前向きに持っていくこと意識しましょう。

発してはならない言葉をかけないよう意識する

家庭や親族に知人の中に、うつ病にかかってしまっている人と接する場合があります。うつ病患者と接する過程で、言ってはいけない様な一言を発してはいませんか。健全な人に向かって言ってもさほど問題ないような一言でも、患者にとっては逆効果で症状を悪化させてしまう可能性がある言葉があります。医療機関が教える、患者に言ってはいけない一言をチェックしていきましょう。治療過程の中で、出来るだけ発してはいけない言葉を理解しているだけで、症状の悪化を招く心配が少なくなります。上手く行けば、徐々に症状が改善している兆しが見えてくることも期待できます。

症状改善を阻害する可能性がある言葉をチェックする

例えば、元気を出してと言った文言や、自信を持ってといった言葉を発したことはありませんか。励ます言葉としては定番ですが、うつ病患者には元気がないようにみられていたり、自信がなさそうなんだと思い込んでしまいます。また、頑張っての一言や気持ちの持ちようと言った励まし方も逆効果になります。頑張っての一言が患者にとってより重くのしかかってしまう言葉になってしまうからです。もし、使ってしまったと心当たりがあるなら、すぐに控えましょう。また、言葉にちなんだものだけではありません。行動でも、うつを悪化させる要因になりうることがあります。それは、気晴らしをさせることです。活動エネルギーや脳の機能が上手く機能していない状態になっているので、精神や身体的多大な負担をかけてしまいます。気晴らしに誘うのは、最初のうちだけは出来るだけ控えるようにして、徐々に落ち着きを取り戻していったら誘ってみるのも悪くありません。